「岡本太郎記念館」行って来ました

  • 2020.03.23 Monday
  • 00:03

 

2020年

3月23日(月曜)

こんにちはダンディ浅沼です

 

原宿駅に別れを告げて

the3rdBurgerでハンバーガーを食べ

歩いて5分のこちらへ

 

「岡本太郎記念館」

 

敷地に入って左手が喫茶になってます

入らんかったけど

 

 

チト高いなぁ〜

青山価格?

 

 

右手の庭にはところ狭しと作品が展示

してあります

 

 

作品の名称や植物の名前等

解説書があります

 

 

作品名「乙女」

 

 

作品名「河童像」

 

 

作品名「若い太陽」

 

 

作品名「母の塔」

こちらは川崎の「岡本太郎美術館」

のシンボルモニュメントとして

大きいものが設置されています

 

川崎の「岡本太郎美術館」

訪れた際のブログはこちら>>>>>>

 

 

上を見上げると有名な「太陽の塔」が

ベランダから身を乗り出しこちらを

見ています

不思議とスゲー可愛く感じる

 

 

中に入りましょう

 

受付で入場料お支払い

事前に割りチケをプリントしてきました

650円⇒550円になります

 

 

右手には書籍が

 

 

左手にはお土産コーナーが

 

 

正面にはこちらの作品が

作品名「縄文人」

 

 

右手に行くと

岡本太郎氏がお出迎え

 

 

マジで一瞬

ドキッ!!としました

 

 

岡本太郎氏の手はこのイメージ

蝋人形も同じ手の形

「芸術は爆発だ!!」ポーズ

 

 

その更に奥に行くとアトリエが

ここで実際に50年創作活動をしていた

事を思うと感慨深い

 

 

自分的岡本太郎氏の好みは

絵ではなく、造形物が好き

 

 

そしてこの考え方も好き

この文章を過去に読み

岡本太郎氏に興味が湧きました

 

 

2階へ上がります

企画展「岡本太郎の版画」

 

 

太陽の塔がお出迎え

 

 

版画(絵)はホントに分からん

 

 

配色が綺麗とか

そのくらいしか分からん

 

 

因みにこちらの版画のタイトルは

「犬」

何故???????犬???

首輪があるからそう言われれば

辛うじて犬と言われれば犬?

 

 

この写真凄く好き

2人共に好い表情

岡本太郎氏のパートナーの岡本敏子さん

長年一緒にいると

顔も似てくるものなのかな?

 

 

 

この後代々木に飲みに行く予定でしたが

時間が余ってしまったので

「明治神宮」でお参りさせて頂きます

続きはこちら>>>>>>>

 

 

コメント
コメントする